ハワイに住む場合の費用

ハワイ,住,費用

ハワイに住む場合の費用

日本人の調査では、世界中で老後に住んでみたい憧れの場所はハワイがトップとなっています。

日本は治安が良く、四季にも恵まれていて良いのですが、その一方で地震や台風などでなどの大災害が起こることや物価が高いことなどで不安な面もあります。

また四季があるということはメリットでもありますが、日本の夏と冬の寒暖の差が激しいというデメリットでもあります。

日本語が通じるハワイ

しかしハワイは一年中穏やかな天候なので気持ちも穏やかにのんびりと過ごせそうということが多くの理由となっています。

世界中には他にも一年中温暖な気候のところがあるのですが、生活様式があまりにも変わってしまっては戸惑いを感じることになりのんびりと過ごすということもできなくなります。

その点ハワイは日本語が通じるというメリットもあるのです。

ハワイに住む場合の費用は?

ハワイに住むことが「憧れ」という人はとても多いのですが、実際に住むとなるとどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

現地の相場としては、家賃がワンルームでも15ドルかかるので日本円なら15万円以上ということになります。

ガス代は約80ドル、食費は約500ドルというところなので、日本の東京での生活をしているのと同じくらいです。

ハワイの高い医療費の相場

ただ医療費に関してはすべて自己負担となるのでとても高額になります。
老後、移住をするなら65歳から100歳まで過ごしたとして1人当たり1億円から2億円は必要になり、さらに病気やけがをすると多額の費用が掛かってきます。

まだ現役で働いている年齢の人が住むなら現地の給料は物価に対してあまりよくないところが多いので生活していけるだけの給料がもらえる仕事を先に探してから移住をする方が良いでしょう。

ハワイに永住するには

ハワイで永住をするには「グリーンカード」といわれるアメリカの永住権が必要になります。移民ビザとも言われています。

最近アメリカでは特定の国からの移民が増えているのでその偏りを防ぐために「DVプログラム」という抽選が行われています。

日本もその対象国なので永住権を取得するときにはそのプログラムに参加をすることができます。ただ抽選に当選すれば自動的に永住権をもらえるのではなく実際にはその半数くらいの発給率になるので、当選を擦れb必要書類を準備して早めに申し込むことが必要になってきます。

このように医療費のことを考慮すれば多額な資金が必要になってくるのですが、その準備金があり永住権を持つことができれば、穏やかな気候のもとで暮らすことができるようになるのです。

ハワイ 住む 費用
ハワイ 住む 働く
ハワイ 住む ビザ
ハワイ 住む ブログ
ハワイ 住む 仕事
ハワイに住む芸能人
ハワイ医療費保険
ハワイ 医療費 相場
ハワイ 医療費 盲腸
ハワイ医療費高い
ハワイ移住医療費
ハワイ旅行医療費
ハワイ透析実際医療費
ハワイ旅行費
ハワイ交通費
ハワイ滞在費